公益社団法人 神戸新聞厚生事業団

− KOBE SHIMBUN WELFARE FOUNDATION OFFICIAL WEBSITE −

神戸新聞厚生事業団とは

About

GREETING

ご挨拶

 終戦から1年あまり。平和を希求する新憲法が公布されたその日に、神戸新聞厚生事業団は産声をあげました。1946年11月4日のことです。以来、乳幼児、児童の育ち、高齢者、障がい者の暮らしを支援する福祉事業や、若者への奨学金事業、国内外の災害被災地への救援活動などを幅広く展開して今日に至っています。
 源流は100年前にさかのぼります。大正7年、1918年、庶民が困窮した時代状況の中で、米騒動の嵐が全国に吹き荒れます。「困っている人に無利子貸与を」と、ある篤志家から神戸新聞社に多額の寄付がありました。新聞社も上積みの出資をして、救援活動に乗り出したのです。善意をつなぐ事業は途切れることなく続き、当事業団へと受け継がれました。
 2013年4月には内閣府所管の公益財団法人となり、事業団として直接、全国規模の事業を展開することが可能になりました。自然災害が多発する時代です。自助、共助、公助のうち、「共助」を下支えする当事業団に寄せられる期待も、時代とともに変化しつつ、大きくなっていると申せましょう。
 2018年から、神戸新聞社長である私が理事長を兼務しました。創刊120年を超える神戸新聞社は、「もっといっしょに」を合言葉に、より地域の皆さまのお役に立とうと努めています。新聞社と当事業団が長年にわたって培った信頼とネットワークをさらに強固にし、時代の要請にこたえる事業団活動を目指します。どうか、ご理解とご支援をお願いします。

公益財団法人 神戸新聞厚生事業団 理事長 江本 幸仁

PROFILE

事業団の概要

名 称 公益財団法人 神戸新聞厚生事業団
設 立 1946年(昭和21年)12月9日
資本金 300,000,000円
所在地 〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-7(神戸情報文化ビル9階)
連絡先 TEL.078-362-7150 / FAX. 078-360-6658
代表者 高士 薫
事業内容

地域社会の健全な発展に寄与することを目的とし、以下の事業に取り組みます。

  1. 高校生及び大学生に対する奨学金の給付
  2. 障害者福祉団体等に対する助成事業
  3. 事故・災害救護に関する事業
  4. スポーツ、文化・芸術活動の振興事業
  5. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

HISTORY

沿 革

1946年 11月30日 財団法人神戸新聞厚生事業団が認可
  12月9日 同事業団発足
  12月 歳末たすけあい運動、始まる。義援金を募る
1949年 5月 診療車「ピジョン号」 県から出張診療所と認可
県下の児童福祉施設などで無料診療
1950年 9月 ジェーン台風災害救援金を配布
1952年 8月 夏期林間図書館開き青少年養護
1955年 12月22日 第1回「なべの会」開催
1958年 9月

レントゲン車を購入、県下40カ所で集団検診

1959年 9月

伊勢湾台風の被災地を救援

1963年 4月 高校生奨学制度発足(石戸奨学金制度)
  11月 九州・三池炭鉱爆発事故、国鉄鶴見事故で義援金
1965年 5月 児童福祉月間に多彩な行事
1970年 8月 万国博に施設児童ら招待
1973年 8月 母子寮児童ら合同キャンプ支援
1978年~1983年 ホームヘルパーに巡回乗用車50台贈る
1986年 1月 母と子の初笑い大会(神戸市母子寮が親睦)
1988年 4月

視力障害者のための「愛の光運動」展開

1989年 5月 県障害者スポーツ大会に後援
1991年 6月 雲仙・普賢岳噴火で救援義援金
1993年 7月

北海道南西沖地震で奥尻島被害者に義援金

1995年 1月17日 阪神・淡路大震災 事務所が崩壊
被災者救済へ義援金活動展開
  6月

「くすのき基金」創設、被災生徒に奨学金

  12月 「著名芸術家と名士作品展」を開催
2000年 8月

障害者のための海釣り体験講座

2002年 4月

「ひまわり奨学金」配布始める

2004年 10月

新潟県中越地震 義援金活動展開

2009年 8月 兵庫県西・北部豪雨災害 義援金活動展開
2010年   ハイチ地震(1月)、チリ地震(2月)、中国青海省地震(4月)、
奄美大雨災害(10月)
上記の震災に義援金活動展開
2011年 2月 ニュージーランド地震 義援金活動展開
  3月11日 東日本大震災 被災地へ多額の義援金
2013年 4月 公益財団法人に移行 監督官庁は、内閣府 事業は、近畿2府4県が対象
  11月 フィリピン台風 甚大な被害発生、義援金活動展開
2014年 8月 丹波豪雨、福知山豪雨、広島豪雨で河川の氾濫や山崩れによる大きな被害。
各地への義援金活動を展開
2015年 4月

ネパール地震で被災者救援募金展開

  9月

関東・東北水害 堤防決壊や家屋浸水で大被害。義援金活動展開

2016年 4月 熊本地震 二度目に震度7の本震が発生。ビルディング、家屋はもとより、熊本城にも大きな被害
  7月 熊本県に義援金を寄託
2017年 7月

九州北部豪雨で義援金活動

  10月 福岡県に義援金寄託
2018年 6月 大阪府北部地震で義援金活動
  7月

西日本豪雨で義援金活動

ORGANAZATION

組 織

平成30年6月15日現在

評議員 大国 正美 神戸新聞社 取締役
評議員 西山 茂夫 兵庫県共同募金会 常務理事
評議員 河田 昭弘 元神戸地下街株式会社 理事
評議員 濱田 明 元神戸市民生活協同組合 監事
評議員 寺本 迪彦 神戸親和女子大学 講師
評議員 中山 昌治 特定非営利活動法人アダプテッドスポーツ・サポートセンター理事
評議員 久利 計一 三宮センター街2丁目商店街振興組合 理事長
評議員 大澤 裕信 神戸ポートアイランドゴルフ倶楽部 社長
理事長 高士 薫 公益財団法人 神戸新聞厚生事業団
専務理事 武田 良彦 公益財団法人 神戸新聞厚生事業団
理 事 満保 善夫 神戸市須磨区 民生委員
理 事 宮崎 稔 元神戸市安全協会 事務局長
理 事 中西 光政 株式会社いくせい代表取締役社長
理 事 服部 孝司 神戸市民文化振興財団 理事長
理 事 石井 幸矢 元神戸市立博物館 副館長
理 事 藤井 良一 兵庫県立美術館 アートコーディネーター
理 事 面出 輝幸 神戸新聞社 取締役
監 事 山本 泰弘 神戸新聞社 財務局連結会計部長

ACCESS MAP

アクセスマップ

〒 650-0044 神戸市中央区東川崎町1-5-7(神戸情報文化ビル9階) Mail:K-kouseijigyou@kobe-np.co.jp
TEL:078-362-7150 / FAX:078-360-6658